山元香那子 Kanako Yamamoto/ピアニスト 

 

国立音楽大学附属中学校・高等学校を経て、国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了。学内のオーディション選抜、また推薦によりソロ室内楽コンサート、卒業演奏会、大学院新人演奏会、第8回日本ピアノ調律師協会主催新人演奏会に出演。在学中最優秀により岡田九郎記念奨学金、国内外研修奨学金を受賞。

ウィーン国立音楽大学セミナーにて故N.フローレス氏のレッスンを受講、ディプロマ取得。ウィーンでの功績が認められ平成18年度日本学生支援機構JASSO優秀学生顕彰事業文化・芸術部門奨励賞奨励金を受賞。第10回川口市青少年ピアノフェスティバルグランプリ、第1回日本演奏家コンクール第1位、第3YBP国際音楽コンクール第1位、第5回国際ウィーンピアニストコンクール(オーストリア)3位、第22回市川市文化振興財団新人演奏家コンクールピアノ部門最優秀賞、第2回川口クラシックライブグランプリなど数多くのコンクールにて優勝入賞を果たす。ピアノを3歳より母に手ほどきをうけ、その後吉田孝子、金山典子、朝山裕子、渡邊三和子、安井耕一の各氏に、室内楽、伴奏法を今井顕、徳永二男、長尾洋史の各氏に師事。また、P.ネルセシアン、G.ナードル、V.サハロフ、M.ベロフ、練木繁夫、岡本美智子、久元祐子、渡辺純子、G.M.マッサーリア(イタリア)の各氏による特別レッスンを受講。

 

2009年〜2014年都内の私立高等学校芸術科(音楽)講師。同校吹奏楽部のコーチとしても指導にあたる。

2010年度東京丸の内ビルディングにおける丸ビル35コンサートピアニスト、同年川口クラシックライブグランプリ副賞として川口リリア音楽ホールにて川口市主催によるソロリサイタル開催。

千葉室内楽管弦楽団とグリーグ:ピアノ協奏曲、また2台のエレクトーン伴奏によるベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番を熱演するなどいずれも好評を博す。

2013年文化庁/日本演奏連盟主催新進演奏家育成プロジェクトリサイタル・シリーズTOKYOに選出されリサイタルを開催。2015年文化庁/日本演奏連盟主催<平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業>新進演奏家育成プロジェクトピアノ協奏曲による公開マスタークラスにオーディションに合格し小山実稚恵のレッスンを受講。2016年都民芸術フェスティバルに招聘され東京芸術劇場にてモーツァルト:ピアノ協奏曲第21kv.467東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演。

 

 〜Foresta

2011年〜毎週月曜21時放送中“BS・日テレ日本こころの歌”コーラスグループ「フォレスタ」専属ピアニストとして出演中。フォレスタメンバーとして日本フィルハーモニー楽団との共演、ハワイ公演・全国ツアーなど各地でのコンサートなどに参加。同番組201510月〜2016年エンディングテーマ「夢」を担当。
Contact
Profile
Blog
Home